英単語

「ラジオ体操」の英語│ gymnasticsかcalisthenicsか

「ラジオ体操」の「体操」はgymnasticsか?

ユーチューブでラジオ体操を見ようしたら不思議な英語を見かけました。

Radio gymnastics?

gymnasticsはたしかに「体操」を意味しますが、ラジオ体操のイメージはありません。gymnasticsで思いつくのはオリンピックの「器械体操」です。ためしにgymnasticsを画像検索してみてください。ラジオ体操らしき画像は一つも出てきません。

gymnasticsという単語はギリシア語のgymnazein (=exercise or train) を語源とし、1650年頃から使われ始めます。gynmasticsを近代体育に最初に導入したのが、ドイツ人のヨハン・クリストフ・グーツ・ムーツ(Johann Christoph Friedrich GutsMuths、1759-1839)とフリードリヒ・ルートヴィヒ・ヤーン(Friedrich Ludwig Jahn, 1778-1852)の2人です。ヤーンは体操競技に初めて平行棒、つり輪、鉄棒を組み入れます。そして国際体操連盟(The Federation of International Gymnastics, FIG)が1881年に設立されます。ちなみにオリンピックの体操はartistic gymnastics、新体操はrhythmic gymnastics (new gymnasticsとは言いません)と言います。

gymnasticsの形容詞であるgymnasticがof or relating to physical exercises that developand demonstrate strength, balance, and agility, especially such exercises performed mostly on special equipmentを意味するように、gymnasticsは「特別の器械を使って(on special equipment)」なされる運動を指します。いわゆる「器械体操」です。

器械を使わないラジオ体操は器械体操とは似ても似つきません。しかしラジオ体操をradio gymnasticsと訳する人が後を絶たないようです。

I have to get up early in the morning for radio gymnastics.
ラジオ体操」は懐かしいですね。私の時代は朝の6時半から始まっていましたが、今の時代も変わっていないのでしょうか? そのラジオ体操は「radio gymnastics」といいます。

「運動を始めたいのだが、どんな運動をしたら良いか分からない」という、特に中高年の方にオススメしたいのがRadio gymnasticsです。すみません、カッコつけました(苦笑)。ラジオ体操ですね!。

Radio gymnastics is one of the Japanese summer features.
ラジオ体操は日本の夏の風物詩です。

書籍や学術論文でも「ラジオ体操」はよくRadio Gymnasticsと誤訳されています。

スポーツを通じた地域コミュニティ活性化促進事業「ラジオ体操集会」報告
Report of ‘radio gymnastics meeting’ in activation promotion project of the local community through sports

大学生におけるラジオ体操の効果に関する研究 
A Study on the Effect of Radio Gymnastic in College Students

早朝ラジオ体操の実態調査 : 駒沢公園の調査から 
An Investigation on the Actual Conditions of the Radio Gymnastics in the Early Morning : A Case Study at Komazawa Park

Radio Gymnastic Exercisesと訳する研究者もいます。

社会的スポーツの再帰性: ラジオ体操・みんなの体操会の地域への影響 
Reflexivity of Social Sports: The Effect of Radio Gymnastic Exercises and Everyone’s Gymnastic Association on Community

体・リズム・メディア : ラジオ体操ができた頃を中心に 
Body, Rhythm and Media: On the Era When Radio Gymnastic Exercises Started

<報告>2000年度ラジオ体操, 健康講演会活動に関する報告  
Reports on Radio Gymnastic Exercises and Health Lecture Activities in 2000

なんでここまで誤訳が蔓延しているかと思いきや、「ラジオ体操」が英辞郎goo辞書でradio gymnasticsと訳されていました。しかし、ラジオ体操は到底gymanasticsとは言えません。Webster’s New World College Dictionaryではgymnasticsは 
a sport combining tumbling and acrobatic feats, usually done with apparatus such as the parallel bars, the balance beam, etc. 
と説明されています。ラジオ体操が「通常、平行棒や平均台といった器具を用いてなされるタンブリング(床やマットの上で跳躍や回転を行う運動)や軽業を組み合わせたスポーツ」なわけありません。

「ラジオ体操」の「体操」はcalisthenics

では、ラジオ体操は何と訳されるべきなのでしょうか。ラジオ体操の「体操」はgymnasticsではなくcalisthenicsに近いです。Cambridge Dictionaryではcalisthenics (英国ではcallisthenics)をsimple physical exercises that are done to make the body firm, able to stretch easily, and more attractiveと説明しています。gymnasticsとは異なり、calisthenicsでは器具を用いずに健康増進を目的に運動をします。ラジオ体操はラジオを用いたcalisthenicsなのでradio calisthenicsと訳するのが無難です。radio broadcasting calisthenicsやradio-program calisthenicsと訳してもかまいません。ただし微妙に語感が違うことを留意しておいた方が良いです。calisthenicsでパッと思いつくのは腕立て伏せです。calisthenicsにはラジオ体操にはない「体を鍛える」という意味合いが含まれているためです。ためしにGoogleで画像検索をしてみてください。

「ザ・シンプソンズ」にホーマーの会社の従業員が始業前の体操をする場面があります。ユーチューブのタイトルはHomer Simpson Exercisingとなっていますが、ある文献でこの場面がthe morning calisthenicsと表現されていました。最初の場面は「ラジオ体操」的ですが、腕立て伏せもしていますね。

calisthenicsの語感のずれが気になる人は単純にradio exercisesと訳せばよいと思います。要するに「ラジオを使った運動」ということです。ラジオ体操的な運動はexerciseの中に含まれます。NHKはそう訳しているようです。固有名詞扱いにしてRadio TaisoもしくはRadio Exerciseと訳してもかまいません。