10月3日スタートの『6カ月で英単語・語法・英文法完全マスター』受講生を募集しています。興味のある方はここをクリック!

西新で英語

福岡市西新で開催している大学受験対策用の英語集中講座です。4カ月で①英単語5千語、②大学受験に必須の英文法項目をすべて、③英文丸暗記法を習得して、英語の偏差値を一気に上げて得意科目にします。

中学1年から学校や塾で何年も英語を学んでいるにもかかわらず、英語学習のコツをつかめていない大学受験生が数多くいます。特に多いのは英単語の覚え方がわからない生徒です。その多くが「英単語は文章の中で覚えましょう」と言われても、どう文章の中で覚えればいいのかわからずに、『システム英単語』や『英単語ターゲット1900』などの市販の英単語集を使って英単語を丸暗記しようとします。無駄な学習法です。英文法や英文読解も効率的な学習法がわからずに、高校や塾の教室で英語教師の話をただ聞いて、与えられた問題集の問題を解くだけ。本講座はこのような英語の効率的な勉強法がわからないまま、いくら勉強しても英語の成績が思うように上がらない受験生向けの4カ月集中講座です。4カ月で一気に英語力をつけて、英語を得意科目にします。

目次

4ヶ月集中英語講座

完全1対1の大学受験英語対策講座です。 4カ月で大学受験突破に必要な①英単語、②英文法、③英語リーディング、の力をつけます。福岡市西新にまで受講に来れる方限定となります。授業は週2回(1回70分以上)のペースで行います。

本講座は
①大学受験を控えている高校1年生~3年生および浪人生
②英検2級合格もしくはTOEIC700点以上を目指している方
③英語を独学でマスターするコツを習得したい方
を対象としています。本講座は中学レベル(もしくは英検3級レベル)の英語力がすでにあることを前提としています。

受講場所

株式会社STUDIO
福岡市早良区西新5-1-19-403
※「大阪王将」のあるビルの4階です

交通アクセス:
福岡市地下鉄空港線「西新駅」から徒歩5分
西鉄バス「修猷館前」、「脇山口」から徒歩1~3分

受講料金

入会金0円                                   
授業料(1カ月分) 
週2回×4=8回
2万8千円
教材費0円

受講料は1ヵ月2万8千円です。本講座は4カ月で修了するので計11万2千円になります。教材はこちらで用意するのでそれ以上の費用がかかることはありません。ただし、『表現のための実践ロイヤル英文法』(綿貫陽/マーク・ピーターセン著、旺文社)は授業に必須ではありませんが、英文法の説明でよく使うので購入することをお勧めします。

受講内容

週に2回、17週間の4カ月で計34回の1対1の授業 (70分以上)を実施し、4カ月で一気に、大学受験に出る英単語5,000語、英文法項目をマスターし、さらに英文丸暗記法を習得します。授業の日取りは生徒の都合に合わせて決めます(急な変更も可)。ペースについていけない時は、随時、追加の授業を行います(追加料金なし)。

英文法

本講座では毎回、英文法項目を取り扱い4カ月で大学受験に必須の英文法項目をマスターします。英文法は動詞→名詞→冠詞→代名詞→形容詞→副詞→助動詞→接続詞→前置詞→文の種類→時制→疑問詞→受動態→不定詞→分詞→動名詞→関係詞→仮定法→時制の一致→比較→否定の順で習います。

注: 数字は英文法カードの数です。

英単語を丸暗記しても実際の英会話の場で使えないのと同じように、英文法も理屈だけ理解しようとしても、実際に使える英文法を習得することができません。本講座では実用的な英文法を習得するために、アニメの例文の朗読を通して英文法を習得します。例えば、仮定法で習う実現不可能な願望を表す【I wish+主語+動詞…】構文の動詞は過去形になりますが、理屈で覚えようとしてもすぐ忘れています。それよりも具体的な場面を思い浮かべながら英文を口に出しましょう。例えば、『魔女の宅急便』でトンボがキキのように空を飛べたらなあとつぶやく場面があります。トンボは魔法を使えないので実現不可能です。だからここで仮定法のI wish構文が用いられています。仮定法なのでI wish I can…ではなく、I wish I could…となっています。英文法もイメージの力を借りると容易に習得できるようになります。トンボの I wish I could fly. というセリフをトンボになったつもりで3回声を出して読んでみてください。そして翌日に「空を飛べたらいいなあ」を英訳してみてください。I wish I could fly. とちゃんと言えますから。

本講座では大学入試に出てくる英文法項目をすべて扱いますが、特に①動詞の語法、②不定詞・分詞・動名詞の使い分け、③関係代名詞と関係副詞の用法、④仮定法、⑤時制の一致、⑥原級・比較級・最上級を用いた比較の用法は重点的に取り上げます。

英単語

英単語はイディオムも含めて4カ月で約5千語を習得します。

名詞     1284語
動詞+句動詞 1873語
形容詞    791語
副詞     387語
イディオム  651語
※代名詞、助動詞、接続詞、前置詞は英文法の学習を通して必須ボキャブラリーを習得します。

動詞は語法が非常に重要になるので、英文法の授業で取り扱います。動詞の後に目的語と補語をとるかどうかで英文は5つに分類できるという「基本5文型」を学校で習ったでしょうが、動詞は副詞もしくは前置詞がつくかどうかにも注目しないと動詞の語法を習得できません。本講座では動詞を以下の16種類に分けて学習します。

①S+Vi
②S+Vi+副詞
③S+Vi+前置詞
④S+Vi+副詞+前置詞
⑤S+Vi+C
⑥S+Vt+O
⑦S+Vt+O+副詞
⑧S+Vt+O+副詞+前置詞
⑨S+Vt+O+前置詞
➉S+Vt+to不定詞
⑪S+Vt+O+to不定詞
⑫S+Vt+動名詞
⑬S+使役動詞+目的語+動詞の原形/現在分詞/過去分詞
⑭S+知覚動詞+目的語+動詞の原形/現在分詞/過去分詞
⑮S+Vt+O+O
⑯S+Vt+O+C
※Sは主語、Viは自動詞、Vtは他動詞、Oは目的語、Cは補語の略称です。

英単語は1週間で300語のペースで習得します。本講座は大学受験対策を目的としているので英検1級レベルの英単語を取り扱いません。「英単語ターゲット1900」、「システム英単語」、「速読英単語①必修編」、「キクタン【Basic】4000]、「英単語WIZ1900」の5冊で2冊以上に収録されている英単語を習得します。「1週間で300単語も覚えられるわけがない」と思われる方は多いかと思いますが、それは英単語を丸暗記しようとしているからです。本講座では英単語はアニメのセリフを通して覚えます。各セリフには必修英単語が含まれているので、本講座の受講者はアニメのキャラクターになったつもりでセリフを読み上げて、英単語を覚えることができます。

例えば、「呼吸する」という意味のbreatheは、『魔女の宅急便』でぬいぐるみのふりをしないといけなくなったジジのセリフで覚えます。

ジジが「息は?」とキキに尋ねると「できるだけしないで」とキキに言われますが、このセリフが英語版では

Jiji: Can I breathe?
Kiki: No! No breathing.

と訳されています。ジジのつもりになって Can I breathe? と3回口ずさんでください。

breatheという単語をノートに10回書くよりもはるかに確実にこれだけでこの単語の意味を覚えられます。疑うのであれば、翌日に自分がジジになったつもりでこのセリフをまた言えるかどうか試してください。ちゃんと Can I breathe? と言えるはずです。英単語は丸暗記しても、スピーキングやライティングで使えないのでほとんど意味がありません。英単語は文脈の中で覚えましょう。英単語の暗記法については受講中にしっかり教えるので受講生は楽しみにしてください。

英文丸暗記法

本講座はボキャブラリーと英文法の習得をメインとしていますが、英語力を向上させるのに最も効果が高いとされる英文丸暗記法のやり方についても習います。英文丸暗記法は英語学者の故渡部昇一氏の『続・知的生活の方法』(講談社現代新書、1979年)で 「原文復元法」 という名で初めて紹介され、経済学者の野口悠紀雄氏が1995年に出版した『「超」勉強法』(講談社)で英語教科書を丸暗記するやり方をわかりやすく説明し、その実用性と有効性が広く知られています。野口氏は大学受験英語の対策は英語教科書を丸暗記するだけで十分と主張しています。

私は、学生時代を通じて、英語の勉強は少しも苦にならなかった。方法は全く簡単で、教科書を最初から丸暗記したのである。このために特別の努力はいらない。単語の意味をひととおり辞書で調べたのち、朗読する。その際、難しい文法のことは考えず、また暗記しようと特別の努力もしない。単語帳も作らない。ひたすら朗読するのである。

野口悠紀雄『「超」勉強法』講談社、1995年、48-49ページ

これまで述べてきたように、丸暗記法で勉強すると、教科書を対象とした学期末試験では非常によい点がとれる。また、英語をコミュニケーションの手段として実際に使う際にも役立つ。これは、多くの人が納得するだろう。では、入試は大丈夫か? … 私は、これに対して、「大丈夫だ」と答えたい。まず、入試で必要な単語は五千語程度といわれている。教科書をすべて覚えていれば、これらをカバーできる。熟語や構文についても、教科書にないようなものは、まず出題されない。…だから、高校三年間の教科書をすべて丸暗記すればよい。サイドリーダーを用いている場合には、これも暗記する。教科書より内容が豊かな場合が多い。できれば、興味がある本を自分で探して読もう。受験勉強のためには、「知的水準の高い」文章を読むのがよい。

野口悠紀雄『「超」勉強法』講談社、1995年、75-76ページ

その効果は絶大なのにもかかわらず、英文丸暗記法を実行している受験生はほとんどいません。渡部氏も野口氏も海外の大学で博士号をとるだけの頭脳の持ち主なので、彼らが行った事をそのまま普通の高校生がするのには無理があると感じられているのかもしれません。本講座では、最初から長文を丸暗記しようとせずに、暗記すべき箇所を空欄にして空欄の箇所を徐々に増やして英文を覚える「段階別虫食い式英文丸暗記法」のやり方を学びます。使用英文は志望大学が決まっていれば、その大学に出た英語長文問題を丸暗記のテキストに利用します。まだ決まっていなければ高校で使っている英語教科書を使用します。

カリキュラム

以下の順序で4カ月間(17週間)の授業を進行します。ただしこれはあくまでも目安です。授業の進度は生徒の習得度に応じて柔軟に対応します。

1-1 動詞自動詞
1-2 動詞自動詞+副詞
2-1 動詞自動詞+前置詞
2-2 動詞自動詞+副詞+前置詞/ 自動詞+補語
3-1 動詞他動詞①
3-2 動詞他動詞②
4-1 動詞再帰動詞/ 他動詞+目的語+副詞
4-2 動詞他動詞+目的語+副詞+前置詞/ 他動詞+目的語+前置詞
5-1 動詞動詞+to不定詞/ 他動詞+目的語+to不定詞/ 他動詞+…ing
5-2 動詞使役動詞+目的語+原形不定詞/ 知覚動詞+目的語+原形不定詞
6-1 動詞他動詞+目的語+目的語/ 他動詞+目的語+補語
6-2 名詞と冠詞可算・不可算名詞/ a piece ofなどの表現/ 単数と複数/ 集合名詞/ 定冠詞/ 不定冠詞/ 無冠詞
7-1 代名詞人称代名詞/ 所有代名詞/ 再帰代名詞/ 指示代名詞/ 不定代名詞
7-2 形容詞形容詞+to do/ 形容詞+that節/ 数量形容詞/ 代名詞になる形容詞
8-1 形容詞形容詞+前置詞
8-2 文の種類There is構文/ 疑問文/ 修辞疑問/ 命令文/ 感嘆文/ 付加疑問
9-1 助動詞can, could, may, might, must, have to, ought to
9-2 助動詞used to, will, would, shall, should, need, dare
10-1 前置詞about, above, according to, across, after, against, along, around, as, as for, as to, at, away from, because of, before, behind, below, beneath, besides, between A and B, beyond, but, by, despite, down, due to, during, except for, for, from, in, in front of
10-2 前置詞inside, instead of, into, like, near, of, off, on, on account of, onto, out of, outside, over, past, per, regarding, since, thanks to, through, throughout, till, to, toward, under, unlike, until, up to, with, within, without
11-1 接続詞after, although, and, and then, as, as long as, as soon as, because, before, but, by the time, each time, either A or B, even if, even though, every time, for, granted that, however, if, in case, like, no matter+疑問詞, not A but B,
11-2 接続詞not only A but (also) B, now that, once, or, provided that, since, so, so~that, so long as, so that, that, the first time, the second, the way, then, thereafter, though, till, unless, until, when, whenever, whether or not, while, yet
12-1 受動態第3文型の受動態/ 第4文型の受動態/ 第5文型の受動態/ 完了形の受動態/ 進行形の受動態/ 句動詞の受動態
12-2 不定詞不定詞の名詞用法/ 不定詞の形容詞用法/ 不定詞の副詞用法/ 不定詞の受動態
13-1 不定詞help (to) do/ toの省略/ 疑問詞+to do/ seem to doなど/ be to構文/ 独立不定詞/ be supposed to do/ had better/ too… to~/ would rather do
13-2 分詞現在分詞/ 過去分詞/ S+V+O+現在分詞/ S+V+O+過去分詞/ get+O+過去分詞/ 分詞構文
14-1 動名詞主語になる/ 目的語になる/ 補語になる/ 前置詞の目的語になる/ 動名詞の受動態/ be busy (in) …ing/ be used to …ing/ be worth …ing/ can’t help …ing/ It is no use …ing/ look forward to …ing/ There is no use …ing
14-2 関係詞関係代名詞who, which, that, what/ 関係代名詞の省略/ 関係代名詞につく前置詞/ 疑似関係代名詞
15-1 関係詞関係副詞when, where, why, how/ 複合関係代名詞whoever, whichever, whatever/ 複合関係副詞whenever, wherever, however
15-2 仮定法直接法/ 仮定法過去/ 仮定法過去完了/ I wish/ It is time (that)/ as if/ if only/ were to/ without/ would rather (that)/ 仮定法現在
16-1 時制の一致時制の不一致/ 時制の一致
16-2 比較原級/ 比較級/ 最上級/ 原級と比較級で最上級
17-1 否定二重否定/ 否定の返答/ 部分否定/ anything but/ barely/ be afraid/ be nothing more/ can’t be helped/ can’t bear/ can’t possibly/ hardly/ have nothing to do with A/ have yet to do/ neither A nor B/ never/ no/ no longer/ no more/ no more than/ no wonder/ not afford/ not any longer/ not anymore/ not at all/ not either/ not mind/ not much/ not necessarily/ not until/ not yet/ nothing but/ nothing compared to/ or not/ there is no way
17-2 その他一致/ 倒置/ 強調/ 省略/ 挿入/ 倒置/ 間投詞/ 句読点

生徒・保護者からの質問

Q. なぜ1対1なのか

A. 受講生の英語力を確実に向上させるために本講座では、生徒1人に1対1で指導を行っています。それが生徒の英語力を向上させるために最も効率的なためです。効率的に英語力をつけるためには、できない分野は何か見極め、できないものから取り組んで克服するのが一番です。しかし高校や集団指導塾の授業ではカリキュラムが固定されているため、すでにマスターしていて今さら習う必要のないこともだらだら授業で習わざるを得なくなります。例えば、関係代名詞はほぼ理解しているが、時制の一致は5割、仮定法は2割程度しか理解できていない生徒がいたとします。この場合、1対1指導では、関係代名詞はスルーして、仮定法、時制の一致の順で教えて弱点を克服させることができますが、学校や集団指導塾だと一人一人の生徒の都合に合わせて授業を行えないので、4月の時点で仮定法が弱いとわかっているのに仮定法について習うのはその半年後ということが生じます。だらだら勉強したい生徒にはこれで構わないのでしょうが、受験という期限内に達成しないといけない目標がある場合は効率を重視すべきです。

Q. 授業料はなぜそんなに安いのか?

本講座は週2回で1カ月に28,000円の受講料を頂いています。4カ月で総額112,000円です。他の塾では1年以上かかって習うことを 4カ月で一気に習得するので、他の塾と受講料を比較する場合は1年分の料金と比べてください。ちなみに1週間に70分以上の授業を2回というのは最低ノルマです。習熟度が低い生徒には追加の授業を行い、大学受験合格のために必要なボキャブラリー・英文法・英文読解の力をつけるまで指導します。

他の塾で英語力のある講師から週2回の1対1授業を受けようとすると、おそらくどこでも月謝が6万円以上かかるでしょう。本講座は、他の塾とは違い、無駄なコストがかかっていないため受講料はその半額以下に抑えることができています。
①広告費が0円
チラシを2千枚作成してそれを配布するだけでも10万円以上かかります。塾は広告でかかった費用を当然受講料に含まれます。かかった広告費は授業料の形で生徒が負担せざるを得ませんが、うちは広告を出していないので広告費を授業料でカバーする必要がありません。
②教室賃貸料が0円
駅近で20坪以上の教室を借りると月20万円以上かかるので、生徒が40人いても一人当たり毎月5千円の負担となります。しかし本塾では授業は翻訳業で借りているオフィスを利用するので、生徒が賃貸料金を請け負う必要がありません。
③バイト費が0円
バイトを雇うと雑費が増えるのでバイトの方には担当した授業の収益の5割程度しかお給料を支払えません。そうなるとバイトの方を時給4千円で雇おうとすると授業料は1時間当たり8千円に上げないといけなくなります。本塾ではバイト講師を雇わないので、受講料はその分安くなります。
④無駄なお金儲けはしない
時間をかけて教えた分についてはしっかり受講料金を頂きますが、よくわからない理由でお金を頂くことはありません。例えば、入塾金を請求する塾がありますが、まだ何も教えていないのにお金を請求できる理由が私にはまったく理解できません。教材費は多少はかかるのですが、コピー代などの細かいお金をいちいち請求するのは面倒なのでこちらが負担します。

Q. 途中退会をした場合、すでに納めた授業料の返還はあるのか。

何らかの事情で中途解約する場合はまだやっていない分の授業料は返還されます。1回当たりの授業料は3,500円なので、例えば、今月の授業を3回残して退会する場合は3,500×3=10,500円の返還となります。

Q. ワークロードをこなせなかった場合はケアはあるのか?

他の塾では1年以上かけてやることを本講座は4カ月でこなすので、ワークロードをこなせない生徒が出てくることも十分に予想されます。4カ月講座終了後もサポートは続くので、十分に暗記できなかった分は、5カ月目以降に復習することになります。追加料金はありません。

Q.授業時間は? 授業の振り替えは柔軟に対応できるか?

平日は18時から23時、土日は13時から23時の間に授業を行います。この時間内であればいつでも大丈夫です。週2回の授業を何曜日の何時に行うかは最初に決めますが、前日までに連絡があれば自由に授業時間を変更できます。遠方に住んでいて1週間に2回通えない場合は、土曜日もしくは日曜日に中休みを置いて2回連続で授業することもできます。

Q. コロナウイルスの感染症対策はちゃんとしているか?

私が今コロナウイルスに感染する可能性が非常に低い生活をしているので、その状況を極力変えないようにするため、授業での感染リスクもなくすように徹底しています。授業中は約20平米メートルの部屋に2人いることになります。不織布マスク着用で換気を十分にしたうえで、講義は生徒から2メートル以上離れて実施します。

お問い合わせ・ご相談

    ツイッター: https://twitter.com/Puku_Pukuro_

    目次