例文で英単語を4800語覚える

「例文で英単語を4800語覚える」コース

8カ月間、毎週月曜日に一週間分の例文集をeメールで配布します。受講生は毎日20前後の英単語を暗記、8カ月で大学入試問題に頻出する4,800の英単語をマスターします。同時に英文法と英語構文も習得します。

受講内容

本講座で使用する各例文には重要英単語と重要英文法が組み込まれています。 毎日20前後の例文を朗読することで、
①毎日平均20ワード覚えて、8カ月で大学受験に必須の英単語を4,800語マスターします。
②基本英文法・英語構文をマスターします。
さらに、
③インターネットを使って英語を無料で学ぶコツを習得します

受講対象者

①大学受験を控えている高校生および浪人生
②英検準2級以上の合格とTOEICのスコアアップ(800点以上)を目指している方
③短期間に英語ボキャブラリー力を強化し、英文法をマスターしたい英語学習者

高校1年レベルの英語力があることを前提としています(つまり、高2、高3、浪人生向き)。TOEICは400~700点レベル向きです。英検は準2級、2級、準1級の合格を目指している人向きです。ただしすでに英語力の高い方(中高校の英語教師や塾の英語講師、東京大学大学院生、東京大学医学部志望高校生など)で、英語学習法の習得や基礎英単語力の復習を目的に受講される方もいます。

受講期間中は毎日40分から1時間半の学習時間を本講座のために割り当ててください。

本講座は毎月第1月曜日から新規でスタートしています。現在、2020年7月6日スタートの7月講座受講生を募集しています。

受講希望者はEメール(4800words@gmail.com)でお問い合わせください。その際、
(1) 名前
(2) 在籍学校・学年(社会人の方はその旨をお伝えください)
(3) 受講目的(「来年に大学受験を控えている。志望校は●●大学」等)
を記入してください。

定員は各月7名です。定員になり次第、募集を締め切るので受講希望者は早めにご連絡ください。

受講料金

1カ月3,600円の8カ月講座です(一括支払いを希望する場合は28,800円)。受講希望者は下記口座に受講がスタートして1週間以内に受講料をお振込ください。

西日本シティ銀行 西新町支店 普通口座 1510514
カ) ステユーデイオ

※最初の1週間はお試し期間と考えてよいです。1週間やってみて自分には合わないと思ったら受講料を支払わなければそのまま退会できます。受講料のお支払いがあった生徒さんにのみ2週目以降メール配信を続けます。

体験談

※2019年3月まで開講された「4ヶ月で4800の英単語を覚える」講座受講生の体験談です。2019年4月から大幅リニューアルをして8ヶ月講座に変わっています。

受講期間: 2013年3~6月 2014年4月から東京大学大学院に入学
ところで、例単4800を始めた直後の2013年3月にTOEICの試験を受けていました。その時のスコアは565点で、学生時代とほぼ同じでした。1年間の英語学習の成果を計るため、2014年3月のTOEICも受けてみました。スコアは760点で、1年間ではありますが約200点スコアが伸びました。非常に驚くとともに、素直に嬉しかったです。勉強したのは例単4800だけではありませんが、大きな効果がありました。どうもありがとうございました。今は、自分なりに勉強の仕方が分かってきました。これからも英語の勉強に日々励む所存です。

受講期間: 2015年8~11月 2016年4月から国際教養大学に入学。 受講終了後に受けた河合塾の模試の英語の偏差値が受講前の57から66に上がりました。
お久しぶりです。毎日キャンパスライフを適当(?)に過ごしています。いえ、がんばってます。 英語の講義はやっぱり大変です。まだまだリスニングはどうにもならない感じです。ジブリ以外にもいいアニメがあったら教えてください。Reading assignmentも量が多いのですが、なんとかやりこなしています。リーディング力は例単で鍛えてもらったせいで一年生の中でもかなりある方の感じです。発音は先生の言われる通り英語喉をやろうかと思い、ユーチューブを毎日見てます。

受講期間: 2016年  家族でアメリカに住んでいる主婦。受講前のTOEICのスコアがリスニング415点リーディング320点の計735点だったのが、受講を初めて3ヵ月後に受けたTOEICのスコアがリスニング425点リーディング385点の計810点にまで上がったそうです。
こんにちは!
お忙しいのに、毎日メール配信ありがとうございます。
第12期生、●●です。
一時帰国中に受験致しましたTOEICの結果が分かりました。
おかげさまで、この講座を申込みました時の目標、800点超を達成することができましたo(^o^)o
ありがとうございましたm(__)m
特にTOEIC対策はせずに受験いたしましたが、語句問題がわかってマーク(カンではなくて笑)できました。
これまで、リスニングとリーディングスコアにかなり開きがあったのですが、今回40点差まで詰めることができました。
これもひとえにこの講座 のおかげだと思います。

受講期間: 2016年3月~6月 東京都練馬区にある大泉英数研究室に通っていた高校一年生(3月は中三生)。 センター試験151点というのは高1の1月に問題を解いたときのスコアです。 手紙は本人からではなく研究室の先生からです。
お世話になっております。例単講座を受講させて頂きました当塾の高校一年生ですが、お蔭様でセンター試験は151/200(発音問題を勘違いしていたようでそこで10点程落としておりましたが、リスニングは出来る生徒なので現時点でも8割は採れる力はあるかと思います)、高校(桐朋高校なのでそこそこの名門校)の語彙力テストでも学年5位だったようです。中学受験では桐朋中なんて夢のまた夢、はるかにランクの落ちる中学に落ちて公立中に進んだ生徒なので、正直ここまでの伸びは予想していませんでした。来年度以降もよろしくお願い致します。

同じ英語の先生から2017年11月に届いたメールです。
昨年例単講座を受講した桐朋高校の2年生ですが、駿台模試の英語偏差値72.7で校内では1位でした。来年度は新高1・2の3~4名の受講を予定しておりますのでよろしくお願い致します。

本講座の詳しい内容

英単語暗記

1日20語のペースで必須英単語を4800語覚えます。中学レベルの英単語1200語を除外しているので(中学英単語も例文に出てくるのでちゃんと覚えているかどうか確認できます)実質的に6000語レベルのボキャブラリー力をつけます。英単語はすべて例文の朗読を通して覚え、丸暗記を一切禁止します。例文を通じて英単語を覚えるのは、それが1番長期記憶に残りやすいし、語感もつくからです。英単語集は左半分に「英単語」、「品詞」、「意味」、右半分に「例文」を載せています。日本語の訳では語感をつかみにくい英単語(とくに動詞・形容詞・副詞)には英英辞典での「意味」も載せています。

基本英文法と英語構文の習得

英単語暗記のための例文は英文法項目に合わせて配列し、英単語を覚えながら、同時に英文法も習得します。そうすることで例文朗読を通じて英単語を覚えると同時に英文法・構文も効率よく学ぶことができます。綿貫陽/マーク・ピーターセン著『表現のための実践ロイヤル英文法』(旺文社)を使って英文法・構文を学ぶので、受講期間中は何度も本書を紐解いて下さい。英文法スケジュールは以下のようになっています。

1カ月目第2文型、第4文型、第5文型、There is構文、It seems that構文、付加疑問、修辞疑問、命令文
2カ月目 感嘆文、動詞(自動詞と誤りやすい他動詞、再帰動詞、使役動詞、知覚動詞、不規則動詞、動詞+副詞、動詞+副詞+前置詞、動詞+前置詞、名詞を含む成句動詞 )、 未来形、現在完了、過去完了、
3カ月目 進行形、助動詞can, could, may, might, must, have to, ought to, used to, would, shall, should, need, dare、 受動態(時制、第3文型、第4文型、第5文型、疑問文、句動詞、by以外の前置詞を用いる受動態、動作の受動態、日本語からの類推で誤りやすい受動態)
4カ月目 不定詞(原形不定詞、名詞用法、形容詞用法、受動態、進行形、副詞用法、疑問詞+to不定詞、seem to、be to、It is ~ for [of] A to…、原形不定詞を用いた慣用構文)、 分詞(分詞の限定用法と叙述用法、S+V+O+分詞、have [get]+O+過去分詞、分詞構文)
5カ月目 動名詞(形と機能、慣用構文、動名詞と不定詞)、 直説法、仮定法(仮定法過去、仮定法過去完了、I wish構文、It is time…構文、as if…構文、仮定法を含む慣用表現)、疑問詞(疑問代名詞、疑問形容詞、疑問副詞、間接疑問)
6カ月目 接続詞(連結・範囲と対立・選択と理由を示す等位接続詞、接続副詞、名詞節を導く接続詞thatとwhetherとif、副詞節を導く接続詞[時・場所、原因・理由、目的・結果、条件・譲歩、様態、比例・制限・除外・付言])、 関係詞(関係代名詞whoとwhich、関係形容詞which、前置詞+関係代名詞、関係代名詞thatとwhat、関係形容詞what、関係代名詞の省略、疑似関係代名詞、関係副詞whereとwhy、複合関係代名詞、複合関係副詞)
7カ月目 前置詞(時・場所・原因/理由・その他の意味の接続詞)、名詞と冠詞
8カ月目 代名詞、形容詞、副詞、比較(比較の不規則変化、原級を用いた比較、比較級による比較、thanの後の省略、lessを使った比較、比較級の修飾、最上級による比較、最上級を原級・比較で表す、比較級を用いた慣用構文)、時制の一致、否定、主語と動詞の一致、倒置、省略、強調、挿入・同格、コロン、セミコロン

詳しくは下記の記事をご確認ください。

インターネットを利用した英語学習法の習得

以下のスケジュールで無料サイトを利用した英語学習法を学びます。
[注] 英語学習法はいまだ工事中なので実際のスケジュールは若干異なります。

1カ月目
●英単語の覚え方のコツを学ぶ
●インターネットで使える英和/和英辞典の使い方を学ぶ (Weblio, Google translate, 英辞郎, Lingueeなど )
●北米版英語DVDの購入・視聴法を知る
2カ月目 ●インターネットで使える英英辞典の使い方を学ぶ (Cambridge Advanced Learner’s Dictionary/ Longman Dictionary of Contemporary English/ The American Heritage Dictionary of the English Language/ The Free Dictionary/ Dictionary.com/ Wikitionary/ Wordsmythなど )
●インターネットで使えるシソーラス・語源・スラング辞典・百科事典の使い方を学ぶ
3カ月目 ●BBCサイトを利用して英語を学ぶ
●ニュースサイトを利用して英語を学ぶ( CNN/ ABC/ CBS/ NBC/ FOX/ NHKワールドなど )
4カ月目 ●インターネットで英字新聞を読む (The New York Times, The Washington Post, Wall Street Journal, The Guardian, Financial Times, The Japan times, USA Todayなど)
●英語アニメで英語を学ぶ (となりのトトロ/ 魔女の宅急便/ 耳をすませば/ 風の谷のナウシカ/ ハウルの動く城/ 天空の城ラピュタ/ 涼宮ハルヒの憂鬱/ ジブリ以外のお勧め英語アニメ)
5カ月目 ●インターネットを利用して英語を学ぶ(Questia/ StorylineOnline/ TED/ Hulu/ Netflixなど )
6カ月目 ●インターネットで大学講義を受講する(イェール大学のOpen Yale Courses/ MITのOpenCourseWear/ カーネギーメロン大学のOpen Learning Initiative/ Khan Academy/ Academic Earth/ Coursera/ edXなど )
●インターネット・ラジオ/テレビサイトを利用して英語を学ぶ(WNYC/ VOA/ UN Web TV/ The Economist/ MailOnline/ Foreign Affairsなど)
7カ月目 ●スペルチェッカーの使い方をマスターする(PaperRater, SpellCheckPlusなど)
●ペンパルサイト、ネットチャット、英語質問サイトを利用する( LANG-8など)
●ユーチューブを使って英語発音を習得する
8カ月目 ●ユーチューブを使って英語発音を習得する(続き)
●英単語帳の作成法を学ぶ

英単語と例文の収集

英単語集はコンパクト・サイズにしないと売れないそうです。確かにA5判より大きいサイズの英単語集を本屋で見かけることはありません。どの英単語集も文庫本サイズです。でもあんなに小さな本に必須英単語と例文をすべて収録することができるのだろうか。素朴な疑問を抱いたので、市販されている12の英単語集を調べてみました(特に丹念に調べたのは「英単語ターゲット1900(5訂版)」、「システム英単語Ver.2」、「速読英単語①必修編(改訂第5版)」、「キクタン【Basic】4000]、「英単語WIZ1900」の5冊です)。これらの本に収録されている英単語をすべてデータベースに入れチェックしましたが、ベストセラーになっている英単語集の中にもかなりひどいのがあってびっくりしました。問題点は3つあります。第1に収録語の絶対数が少なすぎる。そのため、どの英単語集も多くの重要語を収録し損ねています。収録語数が見出し語が1,500語前後、派生語・関連語を合わせても3,000語数前後。これでは少なすぎます。第2に例文がひどい。 例文がつまらない。 例文を通して英単語を覚えられるように構成されていない。フレーズだけ載せて例文を載せていない。見出し語にだけ例文をつけて、派生語・関連語には例文がついていない。第3に英単語を丸暗記させるだけなので、英語の総合力がつかない。英単語の暗記法は示されていないし、例文が英文法、構文、語法の力もつくように作成されていない。そのためボキャブラリー習得以外の英語力の向上をまったく期待できない。朝の通勤電車で市販の英単語集を開いている高校生を見る度に、「そんなことやっても時間の無駄だから」と声をかけたくなります(実際に声をかけたら変な人扱いされるので、話しかけるのを我慢しています)。でも、「もっとちゃんとしたやり方で英語力をつけてよ」と言いたくなる気持ちが抑えられないので、「例文で覚える英単語」講座をスタートすることにしました。

英単語の収集

収録されている英単語

国立大学・上位私立大学進学を目指しているのであれば6,000語以上の英単語を習得する必要があります。しかし、受験生は英語だけを勉強するわけにはいかないので、限られた時間で、効率的に、厳選された必須語を、確実に習得しないといけません。そのため本講座では1日20語ずつ覚えれば、8カ月で修了できるように収録英単語を4,800語に厳選しました。約1,200の中学レベルの英単語は除外していますので、6,000語レベルのボキャブラリーをマスターできます。4,800の英単語は以下の手順で収録しました。

まず大学入試問題によく出てくる英単語9,000語をピックアップします。そして中学レベルの基礎英単語を除外してから、英語版アニメのスクリプトから2,500の英単語をセリフごと抽出し、残りの2,300の英単語は重要度の高い順から選択しました。「英単語ターゲット1900(5訂版)」、「システム英単語Ver.2」、「速読英単語①必修編(改訂第5版)」、「キクタン【Basic】4000]、「英単語WIZ1900」の5冊で2冊以上に収録されている英単語はもれなく載せています。

アニメから英単語を収録したのはアニメでのセリフは印象深いため覚えやすいからです。アメリカで販売されている日本アニメの20万ワード近いスクリプトを分析して2,500のセリフを選び取りました。各セリフには必修英単語が含まれていますので、本講座の受講者はアニメのキャラクターになったつもりでセリフを読み上げて、英単語を覚えることができます。例えば、「考古学」という意味のarchaeologyという単語。「システム英単語」・「速読英単語」・「英単語WIZ1900」に収録されていますが、例文がついていないので丸暗記しないといけません。それに対し、本講座は印象深い例文を音読することで英単語を覚えます。archaeologyは「となりのトトロ」でのサツキのセリフで覚えます。お母さんが入院している病院から速達が来て、心配したサツキは父が働いている大学に電話をします

Hello? Yes. Hello? I need to speak to my dad in the archaeology department. I mean, I need to speak to Mr. Kusakabe.
(もしもし、考古学教室ですか? 父を…あの、草壁をお願いします。)

「偶然の一致」という意味のcoincidenceは「速読英単語」、「キクタン」、「WIZ」には収録されていません。「英単語ゲット1900」と「システム英単語」には載っていますが、双方とも例文がついていません。本講座では「涼宮ハルヒの憂鬱」のセリフでこの単語を覚えます。ハルヒとキョンが朝倉が住んでいたマンションを出ると、2人は長門に出くわします

Haruhi: I had no idea you lived in this building. What a coincidence.
(ひょっとしてあんたもこのマンションなの? 奇遇ね。)

Kyon: I really doubt that it’s a coincidence.
(どう考えても奇遇じゃないだろう。)

「秘密の、機密の(secret)」という意味のconfidentialが収録されているのは「英単語ターゲット1900」と「キクタン4000」のみです。双方とも例文が載っていません。本講座では「ハウルの動く城」でのソフィーとカルシファーの会話を用いてこの単語を覚えます

Sophie: She said that Howl’s heart was stolen by a demon. Tell me now. What do you know?
(ハウルは大切なモノをあなたに渡したって。なにそれ? どこにあるの?)

Calcifier: I’m so sorry, but that would be confidential information.
(契約の秘密についてはおいらはしゃべらないよ。)

「直感(力)」という意味のintutionは「紅の豚」でのフィオとポルコの会話を通して覚えます

Fio: But tell me what you think it takes to make a pilot great? Experience? (ねえ、いいパイロットの第1条件を教えて? 経験?)

Porco: No, it’s intuition.
(いや、インスピレーションだな。) ←「インスピレーション」の訳がinspirationではなくintuitionなのはなぜか考えてみよう。

このようにおよそ2,500の英単語はアニメのセリフを用いて覚えます。さらにアニメのスクリプトからもれた頻出英単語を追加2,300語収録しています。本講座では他の英単語集では収録されていない重要語を数多く取り上げています。例えば本講座で習うabduct (誘拐する), conspiracy (陰謀), insignificant (取りに足らない), language (言語), latent (潜在的な), lethal (致死の), refill (飲食物のおかわり), repel (撃退する), insolvent (支払い不能の)等の重要語が上記5冊の英単語集には収録されていません。本講座で習うalliance (同盟)、ally (同盟する)、juror (陪審員)、jury (陪審)、profit (利益)、respectively (それぞれ)、rid (取り除く)、scold (叱る)、international (国際的な)、intervene (介入する)、intervention (介入)、sanction (制裁・認可)、source (源泉)は上記5冊の英単語集には1冊もしくは2冊にしか収録されていません。本講座はこういった取りこぼしがないように丹念に重要語を収集しています。とくに抽象名詞は文脈から意味を推測するのが困難なので難易度の高い単語も収録しています。

– 多義語
英単語集を作成する上でいちばんやっかいなのが多義語の取り扱い方です。例えば、realizeには「認識する」と「実現する」という複数の意味がありますが、既存の英単語集は複数の意味を表記するにしても、1つの意味についてだけしか例文をのせず、あとは勝手に覚えてくださいという方針を貫いています。本講座では3つの方針で多義語に対応しています。まず、英英辞典での説明を用います。根源的な意味は1つしかないのに日本語だと複数の訳が出てしまうという英単語が数多くあります。こういった英単語については最もベイシックな意味を英語の語義で理解するようにします。次に、根源的な意味を1つに絞りきれない重要語は複数の意味それぞれに例文をつけて覚えるようにします。例えばpatientは名詞では「病人」、形容詞では「辛抱強い」を意味しますが、どちらも重要な意味なのでそれぞれの意味に例文をつけて覚えるようにします。最後に、例文をつけるほど重要ではない意味をもつ多義語については多義語であることだけを指摘しています。

収録していない英単語


本講座は大学入試をターゲットにして英単語を収録していますが、大学入試問題に出るにもかかわらず収録していない英単語もあります。①中学で学ぶ超基礎語、②前置詞・接続詞・代名詞の3つです。

①超基礎語
大学受験用の英単語集は中学生レベルの英単語もよく収録されていますが、本講座では超基礎語を除外しています。例えば、以下の英単語は上記5冊の市販英単語集に収録されていますが、本講座では除外しています。
act, action, active, all, almost, also, although, anger, angry, answer, anybody, back, bad, badly, beautiful, beauty, book, both, but, chief, clean, clearly, cloud, do, down, face, finish, flower, full, go, goal, good, grow, have, high, hungry, hurt, husband, if, ill, importance, job, joy, jump, late, laugh, leg, like, love, low, mail, make, meet, move, narrow, near, north, old, older, park, pull, quick, rain, rich, river, road, robot, romance, romantic, room, rope, rule, run, safe, salary, ship, shirt, short, shy, sick, slow, soft, some, sound, soup, star, strong, surprise, tall, test, text, think, time, top, toy, understand, understanding, vegetable, very, victory, violent, vitamin, want, warm, weak, west, wide, wind

②前置詞・接続詞・代名詞
前置詞・接続詞・代名詞は単語リストから外しています。これらの品詞は英文法書を使って習得するのが望ましいので、例文を通して英文法項目として理解するようにします。

③日本語化した英語表現
和製英語(オリジナルの英語と異なる意味になった外来語)は詳しく検討しますが、日本語と英語の意味が同じ外来語は極力リストから外しています。例えばpで始まる英単語の場合、
panic, partner, party, pattern, peak, percentage, photo, photograph, pilot, police, policeman, poor, pop, portable, power, powerful, premium, price, pride, print, privacy, private, prize
は簡単に意味を推測できるので本講座では扱いません。

大学受験には出そうもない英単語は当然収録していません。④頻用度の低い難関語、⑤スラングや会話ではよく出てくるけど書き言葉としてはあまり出てこない口語英語の2つです。
④難関語
上記の5冊の英単語集に載っている英単語をすべて確認したら以下の英単語が収録されていることがわかりました。しかし、これらの難関語が大学入試問題に出てくる可能性は著しく低いので本講座では収録していません。
acidity, aesthetics, aesthetic, ancestral, annuity, apologetic, appellate, appetizer, appreciative, artery, artistry, assignee, atmospheric, avian, ballpark, beet, belongings, bendable, billfold, biodiversity, biographical, breathless, Capitol, carefree, catfish, cavity, cellular, Celsius, change pursue, civility, claimable, clientele, climatic, clog, coin pursue, collectivism, combative, conveyance, coral, cortex, cultivator, deforest, deforestation, diabetes, diabetic, discernment, disembark, domesticate, donee, drainage, drifter, embarkation, enchant, enchanted, enthusiast, ethic, eventuate, exhibitor, extravagance, extravagant, Fahrenheit, feeder, fermentation, feverish, fixedly, flammable, foam, forcible, forefinger, formulaic, frigid, geneticist, germicide, germinate, guessingly, haven, hexagon, hive, ignoble, inherence, irreligious, Jupiter, kneel, mamalian, meadow, meritocracy, microbe, microbial, migratory, militia, minutely, molecular, monotone, mutant, mutate, neuron, neutralism, nitrogen, nonverbal, nucleus, opportune, oxidize, packet, pail, painstaking, pant, parastic, pear, peek, peep, perm, perspiration, pesticide, physiological, pilgrimage, poke, pollen, pollinate, prairie, procession, prosaic, proverbial, puppy, queue, radiant, rainforest, ready-made, reef, refrigerate, reptile, repute, retainable, retiree, ripen, roomy, Saturn, shears, shyly, specimen, spherical, spoilage, sprawl, stately, stiffly, stretcher, stuffy, suitability, superfluous, surf, sweeper, taxable, therapeutic, tombstone, toxicity, transmitter, transplantation, triviality, tropics, trunk, trustee, tumor, vastness, vegetation, venturesome, versify, viral, wordy
これらの難関語のほとんどが見出し語の派生語・関連語として記載されています。収録語数を増やすために、頻出度を無視して見出し語の派生語・関連語を付け加えようとしている英単語集には注意してください。

⑤スラングと、書き言葉では出てこない口語表現
市販の英単語集の中には最新の英語コーパス(コンピュータによる検索が可能になっている大量の英語データのこと)を使って英単語を収集したと宣伝しているものもありますが、ネイティブがよく使っていても、大学入試問題には出ない英単語は数多くあります。本講座ではそのような英単語は収録していません。例えばスラングは試験問題にはほとんど出てきません。Fuck you!やSon of a bitch!といった汚い表現を受験生が覚える必要はありません。スラングでなくてもセックスに関する表現、例えばcontraception(避妊)、prostitute(売春婦)、brothel(売春宿)といった単語が入試に出ることもありません。下品なこと、例えばhiccups (しゃっくり)、burp (げっぷ)、drool (よだれ)も試験問題には出ません。プライベートなこと、例えば「私は生理中です」は I have a period. と言いますが、このような公の場で言う必要のない表現も試験問題には出ません。他人をからかったり、ばかにする表現も試験問題には出ません。例えば、アニメではdenseやcorny (「耳をすませば」)、weird (「魔女宅」)、tacky (「ハウル」)、patheticやwacky(「ハルヒ」)といった口語表現。また、地域特有の英語表現も試験には出ません。例えば、アメリカではワンルームの部屋をstudioと言いますが、このようなアメリカ以外では使われない表現も入試問題には出ません。このように入試問題に出てこない英単語は例単講座では扱いません。

– 派生語の罠
たいていの英単語集は1,500語程度の見出し語とその派生語を収録していますが、派生語の大半はいちいち覚えようとしなくても意味を簡単に推測できます。例えば、動詞に-mentをつけたら名詞になり、形容詞に-lyをつけたら副詞になるといったルールを知ってさえいればinvestmentは「投資する」のinvestの名詞形なので「投資」という意味であり、largelyはlargeが副詞になったものと容易に推測がつきます。本講座ではこのような意味の推測が簡単な派生語を重視していません。動詞に-tionがつけばその動詞が名詞化したもの(e.g., prohibit→prohibition)、動詞に-edがつけばその動詞が形容詞化したもの(e.g., employ→employed)、名詞に-erがつけば抽象名詞が普通名詞化したもの(e.g., geography→geographer)はいちいち説明しなくても簡単に単語の意味を推測できます。そのため派生語については、頻出度の高いもののみを収録しています。

英語例文の収集

現在市販されている英単語集の中で、ネイティブが読んでも不自然に感じないちゃんとした例文を載せてあるのはDUO3.0くらいなものです。ほかは、英文が不自然。文章がつまらない。英作文に応用が利かない。英語の総合力がつかない。フレーズしか載せていないのにそれを「例文」と称する等々、問題だらけの例文ばかり載せています。

1番の問題点は、例文を読んで英単語を思い出せるように工夫されていないことです。この工夫がなされていない点でDUO3.0も例文集として落第です。語学学習はできるだけ母国語の介入を避けるのが望ましいので、英単語を覚える場合も、「日本語の意味から英単語を思い出す」というやり方は望ましくありません。ネイティブは英語の文脈の中で英単語を自然と覚えます。ノンネイティブの日本人も英単語は日本語の介入をできるだけ減らして覚えないといけません。

そこで本講座は「英語の例文を声を出して読みながら英単語を思い出す」というプロセスを繰り返すことで英単語を覚えられるよう構成されています。そのためには例文が適切でなければいけません。本講座ではすべての英単語に例文をつけていますが、その半数以上がアニメのセリフからとられています。残りはアインシュタイン・ガンジー・村上春樹等の著名人の発言を引用しています。英単語はアニメのキャラクターや著名人のセリフを読み上げることで覚えます。「英単語を思い出すきっかけは英文から。」 これが本講座での英単語の覚え方です。

英単語は例文朗読を通して覚えるべきです。覚えるのが1番楽だからです。一度劇団に入ってセリフを覚える経験をするとわかりますが、おばかタレントといわれるような人でもセリフは覚えられます。子供の頃に口ずさんだ歌は大人になっても歌詞を覚えています。なぜセリフや歌詞は覚えやすいのでしょうか。3つの理由があります。
①主体を特定化できる。
②情景を視覚化できる。
③言葉のリズムで思い出せる。

「凉宮ハルヒの憂鬱」でのハルヒの最初の発言を見てみましょう

I’m Haruhi Suzumiya, from East junior high. First off, I’m not interested in ordinary people. But if any of you are aliens, time-travelers or espers, please come see me. That is all.
(東中出身、凉宮ハルヒ。ただの人間には興味ありません。この中に、宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしの所に来なさい。以上。)

凉宮ハルヒという「主体」が新学期に教室の中で自己紹介をしている「情景」を楽に思い浮かべることができます。繰り返し声を上げて読むことでこのセリフのリズムも生まれます。そうすると、この文章に出てくる必修英単語であるordinaryも自然と思い浮かべることができるようになります。ordinaryとは「普通、並の、ありきたりの」というusualとほぼ同義語の形容詞です。ここではハルヒが「ただの人間に興味がありません」という意味でordinary peopleという言葉が使われています。ではこの部分を空欄にしますのでもう一度声を出して読んでみてください。

I’m Haruhi Suzumiya, from East junior high. First off, I’m not interested in _____ people. But if any of you are aliens, time-travelers or espers, pelase come see me. That is all.

ordinaryという言葉が自然に出てきたかと思います。丸暗記ではなく、文脈で英単語を覚えるとはこういう覚え方を指します。このように本講座の受講者は、内容が面白く視覚化しやすい英文を、声を出して読むことで英単語を覚えます。以下の英文を声を出して読んでみて、どれくらい簡単に覚えられたか自分でチェックしてみれば、このやり方が一番容易に英単語を覚えられる方法だということがわかります。

curiosity 好奇心
「借りぐらしのアリエッティ」でのアリエッティとお父さんのポッドのセリフです。「ねえ、お父さん。私たち、引っ越すの?」「人間に見られたからには引っ越さなければないけない。」が英語セリフではこうなっています。
”Papa, why do we have to move?” “Once a Borrower has been seen, the beans’ _____ can’t be stopped.”
「人間」のことをbeanと呼んでいます。英語セリフでは、日本語セリフにはない引っ越さなければいけない理由が語られています。一度人間に見られると、人間の好奇心を止めることができない、からだと。

inspiring 元気づける
「耳をすませば」での聖司と雫の会話です。「高所恐怖症?」「ううん、高いところ好き。」というセリフが英語版ではこう訳されています。
“You’re not afraid of heights, are you, Shizuku?” “No, I love it up here. It’s _____.”
ここでも英文では理由が語られています。高いところが好きなのは自分の気持ちを奮い立たせる、元気づけるからだと。

float 浮かぶ
「天空の城ラピュタ」のパズーとシータの会話―「それ、父さんが飛行船から撮った写真なんだ。ラピュタっていう空に浮いている島だよ。」「空に浮いている島?」―です。
“My father took that picture from an airship. He loves to fly. It’s Laputa… the _____ing island.” “An island that _____s in the sky?”
「飛行船」のことをairshipと言います。空に浮いているラピュタをイメージすれば簡単にfloatの意味を覚えることができます。

germ 細菌、病原菌
「千と千尋の神隠し」での坊と千の会話です。「お前、病気うつしに来たんだな。」「えっ?」「おんもには悪いバイキンしかいないんだぞ」「私、人間よ。この世界じゃちょっと珍しいかもしれないけど。」
”You came in here to make me sick.” “Huh?” “You’re a bad _____ from outside, aren’t you?” “I’m not a _____, I’m a human.”
「おんもには悪いバイキンしかいないんだぞ」が英語版では「お前は外からきた悪いバイキンだな」に変わっています。

いろんなアニメの名セリフを収録していますので、例文は楽しみながら、声を上げて、主人公の気持ちになって読んでみてください。例えば、「天空の城ラピュタ」でパズーがシータに語ったセリフ、「君が空から降りてきたときドキドキしたんだ、きっと素敵なことが始まったんだって 。」の英訳は
This is the most exciting thing that’s ever happened to me. I wouldn’t miss an adventure like this for anything in the world

ハクが千尋に言ったセリフ、「名を奪われると帰り道が分からなくなるんだよ。私はどうしても思い出せないんだ」の英訳は
If you completely forget it, you’ll never find your way home. I’ve tried everything to remember mine.

昔見たことのあるアニメの情景を思い浮かべながら英語を勉強するのは楽しいものです。

ただし、大学入試問題に出てくる英単語をすべてアニメから収集するのは不可能なので、著名人の発言も数多く例文として採用しています。例えば「prose=散文」という英単語は村上春樹の発言から

In my younger days, I was trying to write sophisticated _____ and fantastic stories.
(若い頃は、洗練された散文や幻想的な物語を書こうとしていました。)

「gravity=重力・引力」はアインシュタインから

You can’t blame _____ for falling in love.
(恋に落ちたからといって重力を責めることはできない。)

「advantage=優位」はマーク・トウェインから

A person who won’t read has no _____ over one who can’t read.
(読書しない人は、字が読めない人に対して何の優位性もない。)

「attribute=属性」はガンジーから

The weak can never forgive. Forgiveness is the _____ of the strong.
(弱者は決して許すことができない。許しは強者の特質である。)

「curious=好奇心の強い」はオスカー・ワイルドの発言を収録しています。

Men marry because they are tired; women, because they are _____; both are disappointed.
(男は疲れて結婚する。女は好奇心から結婚する。どちらも失望する。 )

このように興味深い例文を利用して覚えるようにしています。本講座で収録されている例文は3つの特徴があります。
①内容が面白いので思い出しやすい。
②各例文に重要な英文法項目も含まれているので、ボキャブラリーと英文法双方の力をつけられる。
③キーワードが例文の後の方で出てくるので例文を読みながら下線部に入る語を思い出しやすい

特に③に関して、私が知る限り、この点を考慮した英単語集は一冊もありません。本講座の一番の強みはこの③にあります。覚えるべき英単語が例文の後の方に出ることで、日本語訳を読まずに英文を朗読するだけで、必修英単語を思い浮かべることが可能となります。

英単語の覚え方

『例文で英単語を4800語覚える』講座受講者へ

毎週月曜日に一週間分(6~9ページ)の暗記ノートを配布します。1日1ページのペースでこなしてください。8ページ以上の週の時は週末に1日2ページ分をやってください。暗記ノートは以下のように左側に「英単語」、「品詞」、「意味」、右側に「例文」が載っています。

Eメールを開け、添付されているPDFファイルをプリントアウトしたら、以下の要領で英単語を覚えてください。

①プリントアウトした用紙を縦に半分に折り、左側の英単語・品詞・意味が載っている方を表にし、英単語を上から順に声を出して読む。 発音がわからない英単語に印をつけ、ネット辞書で発音を確認する。
②用紙を縦に半分に折ったまま、さらに横に半分に折る。そうすると6~9語前後の英単語を一覧できます。そして右側上半分の例文が載っている方を表にし、役者や声優がセリフを読み上げるように声を出して、例文を読む。
③例文を1つ読み上げるたびに左ページで下線部に入る英単語を確認する。1巡したらもう一度最初から英文を読み上げる。
④空欄に入る英単語をすべて言えたら用紙の右側下半分を表にし、③を繰り返す。
⑤時間があれば、もう一度最初から例文を声に出して読み、下線部に入る英単語を思い出せるかどうか確認する

例文を声に出して読んで下線部にはいる英単語をすべて言えたら、終了です。英文を朗読してよどみなく下線部の空欄の英単語を口に出せるようになるまで繰り返し英文を朗読してください。例文全体の意味は大体理解できればオーケーです。英語の例文を通して英単語を覚えるというやり方で英単語を覚えたことがないでしょうから、最初はこのやり方に戸惑うかもしれません。その効果を実感するまでだまされたと思って(だましてませんよ^^)とにかくがんばってこの方式に従って英単語を覚えてください。

私の場合、①~⑤にかかる時間は20分程度です。例文を通してであれば1分1語のペースで英単語を覚えられるというわけです。ただしこれは 「短期記憶」としての暗記です。私の場合、一度覚えた単語も1日後には5~7割、1カ月後には2割くらいしか覚えていません。「短期記憶」を「長期記憶」に移し替えるためには、1度覚えたものを少し期間をおいて再度暗記作業をして覚え直す必要があります。

私は英単語はお風呂の中で覚えるようにしています。俳優・アニメキャラになったつもりで大きな声を出して英文を朗読してもだれにも邪魔されないし、迷惑もかけません。逆に通勤・通学中の電車や塾の自習室は声に出せないので英単語を覚える場所としては最悪と言えます。本講座では「必ず」例文を声に出して読むことで英単語を覚えてください。

どれだけ英単語を覚えるべきか

語彙力は英語の基本です。英単語の意味がわからなければ英文を読めないし、英語を聞き取れません。むろん大事なのは語彙力だけではありません。英文法の知識がなければ英文を正しく理解することはできないし、発音がわからなければ英語を正しく聞き取ることはできません。だから正確には、語彙力と英文法の知識と発音の3つが英語の基本と言えます。

日本の英語学習者が特に苦手なのはこのうちの語彙力と発音です。発音についてはまた別の機会で議論します。語彙力ですが文章中の2割の英単語の意味がわからないと内容をほとんど理解できなくなります。英文の5%の英単語の意味がわからないと文章を正確に理解できなくなります。

〇〇語覚えれば大丈夫というラインはありませんが、単語暗記にばかり専念するのも時間の無駄です。22万人のアメリカ人に調査した結果では、20歳のアメリカ人の平均語彙力は4万2千語だそうです(“An average 20-year-old American knows 42,000 words, depending on how you count them“)。日本人がいくらがんばってもこの数字に達するのはほぼ不可能でしょう。語彙力はあるに越したことはありませんが一生の間に1・2回しか見ることもない単語を覚えてもしょうがありません。

では日本人はどの程度の英語語彙力をつけるべきなのか? 日本の英語学習者にとって一番の目安になるのは大学受験とTOEICに必要な単語数です。学習指導要領ではずっと3千語が必修英単語数でしたが、「教育再生実行会議」の「第7回・議事要旨」には学校で学ぶ英語単語数に関して、「学校で学ぶ英語の単語数は、中国は 6,150 語、韓国は 8,200 語、台湾は 5,180 語であるのに、日本は 3,080 語。このままだと日本はグローバル時代に勝っていけない。現状の学習指導要領と TOEFL の内容には大きなギャップがある。」 という発言もあり、小学校での英語授業必修化と共に覚えるべき英単語数は一気に増大しました。また、TOEICは600点を取るために必要な語彙数は5千語、700点では8千語、850点以上では1万語以上と言われています。

国公立大学とMARCHより偏差値の高い私立大学を受験する人に対して、わたしは6千語覚えるよう勧めています。なぜ6千語かというと割と単純な理由ですが、英単語集として定評の高い「英単語ターゲット」、「システム英単語」、「速読英単語①必修編」、「キクタン【Basic】4000」、「英単語WIZ1900」に収録されている英単語をすべてリストアップして、最低2冊以上の英単語集に収録されている英単語をすべてピックアップしたら、その数が4,800語になり、これらの英単語集に収録されていない超基礎語を加えると、大体6千語になったからです。

6千語というと多くの受験生は多すぎると感じるでしょう。おそらく4千語程度の語彙力でも合格は可能でしょう。ただし確実に大学に受かりたいのであれば6千語程度の語彙力習得を目指すべきです。

1日に何語覚えるべきか

「毎日10語ずつ覚えていけば、1年で3650語。1年でそれくらい覚えれば十分じゃない?」

そうは問屋が卸しません。今日10語覚えても翌日にはその半分以上は忘れてしまいます。ほとんどの人は4回以上覚え直さないと短期記憶が長期記憶に移行しません。5回だと1年間毎日10語覚えても730語しかボキャブラリー力は増えない計算になります。

私の場合は、1100語近く覚えています。上記のノートで5枚分です。新出単語を含む例文を載せているエクセルのシートは1stと名づけ、ノートの例文を声に出して読んで最初から覚えていたら印を入れて、後で2ndという名前のシートに移行します。2ndシートの例文を朗読して覚えていた単語は3rdシートに移します。1stシートの単語より、1度は覚えていた経験のある2ndシートの単語を覚える方が楽であり、2ndシートより3rdシートの単語を覚える方がさらに楽です。短期記憶が長期記憶に移行するためには何回か繰り返し覚え直さないといけませんが、私の場合は4回覚え直した英単語はかなり期間を置いても継続してその英単語を覚えています(つまり長期記憶に移行しているということ)。2回覚え直した英単語をちゃんと覚えているかどうか1年後に再確認するとほぼ全滅なのですが、4回覚え直した英単語だと5割近くはしっかり覚えているという感じです。「5割ということは半分の英単語は4回覚え直してもまだ長期記憶に移れんのかい!!」と言われそうですが、その半分の英単語も次の5回目ではほぼ確実に覚えられるので、4~5回の繰り返しで覚えた英単語のほとんどを長期記憶に移行できています。

このように私の場合は毎日、1stシートを2枚分、2nd, 3rd, 4thのシートを1枚分覚え直しているので計5枚のノートで約100語を例文を朗読して覚え直しています。1枚に当てる時間は1015分程度なので、毎日1時間くらいは例文を朗読して英単語を覚えているという計算になります。

復習のタイミングですが、完全に忘れてしまってから復習しようとすると最初からのやり直しと同じことになるので、覚えたての頃は頻繁に復習し、記憶の定着度が高まるにつれ復習を行う間隔を広げていくのが良いです。私の暗記法だと1stシートに載っている英単語は覚えるまで短期間で何度も繰り返し、3rdシートとなると1年に1回のペースとなります。

どうやって英単語を覚えるか

私は例文を声に出して英単語を覚えています。英単語を書いて覚えることはありません。書いて覚える方法を勧める人が「単語を何度も繰り返し書くことで、手がスペルを覚えていきます。…運動の記憶によって、自然と手が勝手に動くということが可能になるためです。頭と身体の両方で覚えていくという要領です。」と書いていましたが、手がスペルを覚えることはありません。例えば、「効率的な」という意味のefficientを頭では思い出せないけど、手は覚えていたのでちゃんと書けたなんてことは絶対ありません。

英単語を音読で覚えましょう。私の場合は例文を朗読して英単語を覚えます。例えば、「(顔色が)青ざめた、青白い」という意味のpaleですが、「(顔色が)青ざめた、青白い」という日本語訳を見てpaleという英単語を思い出そうとするのではなく、釜爺の

Once Yubaba got control over him, his faced turned pale.

という『千と千尋の神隠し』に出てくるセリフを朗読して、paleという単語を思い出します。ここでhim/hisはハクのことです。湯婆婆がハクをコントロールしたらハクの顔が青ざめたわけです。いちいち湯婆婆とハクの顔までは思い出しませんが、大体の情景は思い浮かべながらこの例文を読んでpaleという英単語を覚えます。例文を朗読して英単語を覚える一番のメリットはビジュアル化できることで英単語をイメージで覚えることが可能になることです。ビジュアル化することで記憶に残りやすくなります。

どこでいつ英単語を覚えるか

英単語はスキマ時間に覚えましょう。英語の文章を声に出すという行為は良い気分転換になるので英単語暗記は勉強時間に組み込まず、勉強と勉強の合間にやることをお勧めします。スキマ時間以外にお勧めなのがお風呂に入っている時間と寝る前の時間です。声に出して覚えるということは声を出せない場所では英単語を覚えられないことを意味します。つまり、図書館、通勤通学の電車やバス、塾や予備校の自習室では英単語を覚えない方がよいです。黙読だと音読よりもはるかに暗記効率が下がるので声を出せない場所ではほかの勉強をしましょう。

英単語帳の作り方

パソコンを使った英単語帳の作成

英単語と日本語の意味を対にして覚えるのであれば、英単語カードを使って覚えるのが一番効率的です。しかし、例文を使って英単語を覚えるのであればパソコンを使って英単語集を作るべきです。というか、それしか方法はありません。ここでは英単語ノートを作り方を説明します。

英単語ノートに記入すべき項目は
①英単語
②品詞
③意味
④例文
の4つです。

使うソフトはエクセルら表計算ソフトです。私は無料のLibreOffice Calcを使っています。A4サイズのノートの配置を横にして左半分に①、②、③、右半分に④を記入します。一番左側のセルに英単語を記入します。その右が品詞です。品詞は日本語でも英語でも構いません。私は英語の略語を記入しています(n., v., adj., adv.など)。その右側に英単語の意味を記入しますが、単語の正しい語感を得るために英英辞典も積極的に使ってください。特に動詞・形容詞・副詞の3品詞は英和辞典では細かい意味のニュアンスがわかりません。私が英単語帳を作成する際に使っているネット辞典は以下の9つです。

英辞郎
weblio
Linguee
Longman Dictionary of Contempoary English
Cambridge Dictionary
Dictionary.com
Merriam-Webster
Your Dictionary
Wordsmyth

ほとんどの場合、英辞郎・weblio・Longman・Cambridgeの4つの辞書で間に合います。一番右側に記入するのは例文です。この方式で一番難儀なのは英単語を覚えるのに適した例文を収集する事です。英単語集の作成はこつこつするしかありません。英文を読んでいてこれは覚えておきたいと思う英単語に出会ったら、その英単語が出てくる文章を自前の英単語集にタイプし、単語の意味も調べて書いておきましょう。例文はどんな例文でもよいわけではありません。例文を声に出して読んで、下線部に入るべきキーワードを思い出すことのできる例文でないといけません。2つのコツがいります。まず第1に、キーワードは英文のできるだけ後に出てくるようにしないといけません。例えば、「理解する understand」という意味のget itというイディオムを覚える際に使っている『例文で英単語を4800語覚える』講座での例文は『天空の城ラピュタ』のシータとパズーの以下の会話を使っています。

“To tell you the truth, I don’t want to go to Laputa.”
“You don’t want to go to Laputa? What do you mean? I don’t _____ _____.”

本当のことを言うと、私はラピュタに行きたくないの、というシータに対して、ラピュタに行きたくない?どういうこと?言っていることが理解できない、とパズーは返答します。この文では下線部がラストにきているので文を読みながら下線部に入る語を思い出しやすいです。しかし、下線部が文の初めに来て、

I don’t _____ _____. Why don’t you want to go to Laputa?

だと、後の文章を読まないと下線部に入る単語を思い浮かべることができなくなり、スムーズに英文を読みながらキーワードを思い出すことができなくなります。

もう1つの例文のコツは、ひとつの例文を30ワード以内に抑えることです。あまりにも例文が短いと下線部に入る英単語を思い出しにくくなりますが、かといって文章が長いほど思い出しやすくなるということはありません。例文が長すぎると一つの英単語を覚えるのにかかる時間も長くなり効率的に英単語を覚えることができなくなるので、文章の長さは30ワード以内にすることをお勧めします。「例文で覚える英単語4800」講座で使用している例文ノートの「自動詞と誤りやすい他動詞」のPDFを載せておきますので、英単語帳を作る際の参考にしてください。

何の英単語を覚えるべきか

英文を読んでいる時、英語を聞いている時、しょっちゅう新出単語に出会いますがある程度語彙力がつくと、それが覚えるべき単語なのか、それともスルーしてかまわない単語なのか感覚的にわかってきます。これは覚えておきたいという単語に出会ったらその出会いを大切にし、単語帳に記入しましょう。私の場合、スピーキングとライティングで使いたい新出単語のみを英単語帳に記入しています。だからスラングなどの口語でのみ使う表現は英単語帳に記入していません。また、日本語で話す時に使わない単語はスルーしています。例えば、数日前にhematologistという単語に出会いましたが、「血液学者」という言葉を日本語で使ったことがないのでこの単語はスルーしました。

どの程度まで覚えるべきか

英語は使ってなんぼです。単語の意味を覚えてもその単語をスピーキングやライティングで使えなければ宝の持ち腐れです。実際に使えるレベルまで英単語を覚えるというのは、意味を細かいニュアンスまで正確に覚えるということです。例えば、disclose, clarify, reveal, elucidate, uncoverはすべて語感が微妙に異なりますが市販の英単語集ではどれも「~を明らかにする」と訳されています。しかし、すべて「~を明らかにする」という意味で覚えるとそれぞれの単語の語感の違いがわからなくなり、使い分けをすることができなくなります。また語法もしっかり習得しないと実際にその単語を使えません。例えば、dataは日本語の「データ」とほぼ同義語と覚えておけばリーディングとリスニングではまったく困りませんが、dataが単数か複数の理解がないと(「名詞dataは単数形か複数形か?」)この単語をスピーキングとライティングで正しく使うことができません。

何を覚えるべきか

「英単語の何を覚えるべきかって? そんなの決まっているじゃないか。英単語の意味だよ。utilizeだったら “~を活用する” という意味の動詞だと覚える。 “~を活用する” という意味からutilizeという英単語を思い出せるようになる必要もあるね。そんなのわかりきったことじゃない。何をいまさら。そうそう、utilizeのスペルと発音ももちろん覚えないとだめだよ。」

英単語の何を覚えるべきか尋ねたら、こういう返事が返ってきたことがあります。確かにutilizeは「~を活用する」と訳する事ができますが、「~を利用する」とも訳せます。useutilizeのちがいは、useはそれこそ日本語の「~を使う、利用する」という意味ですが、utilizeは「~を効果的に使う」(use A in an effective way)、つまり使い方が上手であるというニュアンスが加わります。こういう細かい語感の差は「英単語の意味を文脈で理解する」という作業では会得することができます。まずは英英辞典で意味を調べる習慣づけをし、次に文章の中で英単語を覚える癖をつける必要があります。文章の中で英単語を覚えるというのは、キーワードだけ空欄にした文章を読んでその空欄に何の単語が入るか思い出せるようになるということです。

As a physician, I know many doctors want to _____ new technology, but they find the cost prohibitive.
(医師として、私は多くの医師が新しい技術を利用したいと思っていることを知っているが、彼らは費用が法外だと感じている。 )

という文章を朗読して下線部に入る単語はutilizeであることがわかるようになるというのが英単語を文章の中で覚えるということです。下線部はuseでもかまいません。でもそれだと「新しいテクノロジーをただ使っているだけ」というニュアンスにもなります。ここでutilizeという単語を使うことで「新しい技術をうまく使うことで多くの患者を助けることができる」ニュアンスが含まれてきます。こういった単語の細かいニュアンス、つまり語法は文章の中で覚えることでのみ習得することができます。