英文法

目的・結果を表わす前置詞

※『例文で英単語を4800語覚える』講座受講生を対象としたサブノートです。 テキストは旺文社の『表現のための実践ロイヤル英文法』を使用。「第13章 前置詞」の「150 目的・結果を示す前置詞」(pp.314-315)を熟読してください。

目的を示す前置詞

for

「~のために」という意味の定番の前置詞がforです。

【例文】
The first requisite for the happiness of the people is the abolition of religion. ─Karl Marx 国民の幸福のために第一に必要な事は宗教の廃止である。─カール・マルクス

【例文】
We did not raise armies for glory or for conquest. ─Thomas Jefferson
我々は栄光のためにも征服のためにも軍隊を召集しなかった。─トマス・ジェファソン

after

afterを「~の後で」という意味だけ覚えている人は多いでしょうが、afterには「~を求めて」(in pursuit of)、「~の後を追って」という意味もあります。

パズー「ドーラも黒メガネもその石をねらっているんだね。」

“I think Dola and that man are both after your necklace.”

be after Aはbe looking for Aと同義と思ってかまいません。 「黒メガネ」がここでは「あの男(that man)」と訳されています。

結果を示す前置詞

to

前置詞toは多義語ですが、結果を示して「~にまで」(until a particular time, state, or level is reached)という意味になることがあります。

【例文】
It’s only four weeks to our wedding.
私たちの結婚式までもう4週間しかない。

【例文】
She nursed me back to health.
彼女の看護のおかげて彼は健康になった。

【例文】
South Africa’s unemployment rate has risen to its highest level since the third quarter of 2017 to 27.6% at the end of the first quarter of 2019.
南アフリカの失業率は2019年第1四半期の終わりに、2017年第3四半期以来、最高レベルの27.6%にまで上昇した。

into

前置詞intoは多義語ですが、変化の結果を示して「~へ」、「~に」という意味になることがあります。

アシタカがエボシとゴンザにこう言います。「このつぶてに覚えがあるはず。巨大なイノシシ神の骨をくだき肉を腐らせタタリ神にしたつぶてです。」

I believe you’ll recognize this. It shattered the bones of a giant boar, rotted his flesh and turned him into a monster.

shatter=~を粉々にする; bone=骨; boar=イノシシ
rot=~を腐敗させる; flesh=(人間・動物の)肉; monster=怪物

turn A into Bは「AをBに変える」という意味です。「タタリ神」がmonsterと訳されていますが、intoの後に変化の結果を示しています。

【例文】
Her novels have been translated into four languages.
彼女の小説は4か国語に訳されている。

【例文】
The prince was turned by magic into a frog.
王子は魔法でカエルになった。